離婚相談サイト 離婚相談事例 財産分与について|離婚 問題の弁護士は大阪の小原法律特許事務所(手続きなど法律に関する無料相談所)
離婚相談事例 09

財産分与

私達夫婦の場合、住宅、車、預金、保険等の財産は夫名義のものがほとんどですが、離婚によってこれらは誰のものになるのでしょうか。


お答え.

夫婦が円満であれば、その名義が夫のものであっても大きな問題は生じないでしょうが、いざ離婚するとなると、夫婦が協力して築いた財産があれば、それを分ける必要があります。

これを財産分与といいます。

これは、婚姻生活中に夫婦の協力で築いた財産を清算し分配し公平をはかることが中心ですが、離婚によって生活の不安をきたす側の配偶者を扶養し、生活を維持しうるようにするという離婚後扶養的要素も補充的にはあるといわれています。

財産分与の対象となる財産は、婚姻中に夫婦の協力により得た財産です。
従って、

(1)結婚に際して実家からもらった財産
(2)結婚前にそれぞれが貯えていた財産
(3)それぞれの親族からの相続財産

などは、それぞれの固有財産であり、財産分与の対象とはなりません。

妻が専業主婦の場合は、財産形成の寄与の割合は、その異なることが明らかでない場合には相等しいものとする扱いがなされています(2分の1ルール)。

退職金や保険金に関しては離婚時に現実化していない場合が多いので、このような場合には、離婚時に退職した場合に支払われるであろう退職金、離婚時に保険を解約した場合に得られるであろう解約返戻金を基準として分与されるのが一般的です。

前の事例へ | 次の事例へ

メールとお電話でのご相談は無料です
お電話とメールは
365日24時間受付

携帯からも通話料無料
お電話・メールでのご相談は
↓をクリック
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

?TOPへ戻る
?画面上へ