離婚相談サイト 離婚相談事例 慰謝料について|離婚 問題の弁護士は大阪の小原法律特許事務所(手続きなど法律に関する無料相談所)
離婚相談事例 10

慰謝料

離婚の際の慰謝料の相場はいくら位ですか。


お答え.

婚姻関係を破綻させた原因、すなわち離婚に至った理由が、夫婦の一方の不貞や暴力等の有責事由に基づく場合、他方の配偶者は離婚の請求と共に、自分の受けた精神的な苦痛に対する慰謝料を請求できます。

最近の判例のように、有責者からの離婚請求を認める場合には、慰謝料はより高額になるのが公平です。

また、離婚に至った原因が、配偶者の親族等のいじめや追い出し行為も一因となっている場合には、その親族に対しても慰謝料を請求できます。

すなわち、慰謝料とは
「生命・身体・自由・名誉・貞操などを侵害する不法行為によって生じた精神的損害の賠償として算定された金銭」のことです(民法709条)。

従って、どちらにも有責自由のない場合(いわゆる性格の不一致)、どちらもどちら(双方が不倫)というような場合には、財産分与はあっても慰謝料のないことがあります

慰謝料の額は具体的な事案、特に当事者の資力に大きく影響されますので、相場ないし基準はありません

ケースバイケースです。タイガー・ウッズのような資産家が不倫をし離婚をする場合には数百億円という慰謝料を支払うこともできるでしょうが、家庭内暴力、賭博に明け暮れている夫と離婚する場合にはほとんど何ももらえないことが多いのです。

保険でカバーされる交通事故の場合の慰謝料と違って一定の基準というのはないのです。

しかし、最高裁判所が出している司法統計年報によれば、120万円〜700万円が多いようです。

前の事例へ | 次の事例へ

メールとお電話でのご相談は無料です
お電話とメールは
365日24時間受付

携帯からも通話料無料
お電話・メールでのご相談は
↓をクリック
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

?TOPへ戻る

?画面上へ