離婚相談サイト 離婚相談事例 離婚と戸籍 |離婚 問題の弁護士は大阪の小原法律特許事務所(手続きなど法律に関する無料相談所)
離婚相談事例 12

離婚と戸籍

離婚をすると妻や子供の氏や戸籍はどうなるのでしょうか。


お答え.

離婚をすれば、もちろん離婚届を提出します。

婚姻前の戸籍に戻ることも、新戸籍を編成してもらうこともできます。

婚姻により氏を改めた夫又は妻は、原則として婚姻前の氏に戻りますが、離婚後もその氏を称したいときは、離婚届出と同時又は3ヶ月以内に、「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出することが必要です。

親が離婚しても子の氏は当然には変更されません

しかし、例えば、父母が離婚して母が婚姻前の氏に戻ったときに、子が母の氏を称してその戸籍に移りたい場合には、子本人又は親権者(子が15歳未満のとき)が家庭裁判所から氏の変更許可を得て、許可書添付のうえ入籍届を提出することになります。

このようにして氏を改めた未成年の子が、成年に達してから従前の氏に戻りたいと思えば、成年に達したときから一年以内に届出をすれば、従前の氏に戻ることもできます。

前の事例へ

弁護士等紹介はこちら
↓↓↓
弁護士等紹介へ

メールとお電話でのご相談は無料です
お電話とメールは
365日24時間受付

携帯からも通話料無料
お電話・メールでのご相談は
↓をクリック
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

?TOPへ戻る

?画面上へ