離婚相談サイト 国際 結婚・離婚に関する法律相談窓口

国際離婚に関する相談窓口

外国人弁護士や英語堪能な弁護士がご対応します
国際離婚法律相談

メールとお電話のご相談は
365日24時間受付
ご相談は無料
お電話・メールでのご相談は
↓をクリック
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

国際離婚は日本国内での日本人同士の離婚とは異なり、様々な法律、制度、慣習等の関係から、問題が複雑になることが非常に多いといえます。
例えば、相手方の本国での離婚には裁判離婚しか認められておらず、日本で協議離婚をしたものの、本国では依然 として両者は結婚しているものとして扱われるという難しい問題が生じたりします。

また、
国際離婚の慰謝料等の問題や国際離婚後の子供の親権問題など外国と日本の法律が違う事から簡単に離婚手続きを進めて終わりということが難しくなっております。

国際離婚に関しては、専門家に依頼することをお勧めいたします。
私達はアメリカやイギリスや韓国、中国、ドイツ、フランスを中心にご対応いたします。
このようなお悩みありませんか

.私は外国人と結婚して子もいますがどのような手続で離婚が出来るでしょうか。
.私は外国人と結婚して30年になり、子もいますが、夫が家を出て愛人と同居するようになりましたので、離婚をしようとおもっていますが財産分与や慰藉料はとれるでしょうか。
.私は外国人と結婚して外国に住んでいましたが、夫のD.V.に耐えかねて2才の子を連れて帰国しました。日本の家庭裁判所で離婚の調停ができるでしょうか。
.私たち夫婦はともに外国人で日本に20年以上すんでいます。日本の家庭裁判所で調停離婚ができるでしゅか。
.私は韓国人ですが日本の男性と結婚し「配偶者ビザ」で日本に滞在していますが、子がいないまま離婚をしても日本に滞在できるでしょうか。
.私はアメリカ人男性と結婚した際に「氏」を夫の氏にかえました。離婚すると私や子の氏はどのようになるのですか。
.私はイタリア人男性と結婚しイタリアに住んでいますが、最近夫に愛人ができ2才の子と別居していますが夫は生活費を払ってくれないので、夫には無断で子を連れて日本の実家に帰ろうと思っていますがかまいませんか。


国際離婚相談事例集
▼事例1
・国際離婚とは
?回答はコチラ>>>

▼事例2
・国際離婚の場合に適用される法律
?回答はコチラ>>>

▼事例3
・外国人と協議離婚は可能か
?回答はコチラ>>>

▼事例4
・国際離婚と子供の親権と養育費
?回答はコチラ>>>

▼事例5
・国際離婚と慰謝料・財産分与
?回答はコチラ>>>

▼事例6
・長年日本に住んでいる外国人夫婦の離婚
?回答はコチラ>>>

▼事例7
・日本人と離婚した外国人の在留資格
?回答はコチラ>>>

▼事例8
・国際離婚と復氏
?回答はコチラ>>>

▼事例9
・国際離婚の裁判はどの国の裁判所で行われるか(国際的裁判管轄権)
?回答はコチラ>>>

▼事例10
・子の連れ去り等について(ハーグ条約)
?回答はコチラ>>>

▼事例11
・どのような場合を国際離婚というのですか
?回答はコチラ>>>

▼事例12
・アメリカから子供を連れて帰国、夫はアメリカ人、日本の裁判所に訴訟提起できるか?
?回答はコチラ>>>

▼事例13
・私達夫婦はアメリカ国籍ですが、長年日本に住んでいます。日本で離婚手続きができますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例14
・アメリカ人の夫とアメリカで生活していましたが、不仲になり日本に戻ってきました。
?回答はコチラ>>>

▼事例15
・私と夫の国籍は異なりますが、離婚の場合にどちらの国の法律が適用されますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例16
・日本では協議離婚が認められていますが、外国人との間で協議離婚は可能ですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例17
・外国人との離婚の場合も、日本人の離婚と同様に調停前置主義が妥当するのですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例18
・外国人との離婚に際し、親権および養育費はどうなりますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例19
・アメリカで結婚し離婚により帰国、相手に慰謝料や財産分与を請求できますか?
?回答はコチラ>>>

▼事例20
・日本人と結婚しており、離婚が成立した場合、そのまま日本に在留できますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例21
・アメリカ人と結婚していましたが、離婚しました。私の姓はどうなりますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例22
・日本はハーグ条約に加盟するそうですが、ハーグ条約とはどのようなものですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例23
・ハーグ条約に加盟すると、国境を超えた連れ去りがあった場合どうなるのですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例24
・日本の裁判所のうち、どこがハーグ条約に関する返還申立の管轄権を有するのですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例25
・外国から子を日本に連れて帰ってきた場合に、常にハーグ条約の返還命令が下されることになりますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例26
・ハーグ条約に基づき面会交流の申立ができますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例27
・夫の承諾なく子を連れて日本に戻りました。ハーグ条約が締結されると返還命令の対象となりますか。
?回答はコチラ>>>
?画面上へ▲

メールとお電話のご相談は
365日24時間受付
ご相談は無料
お電話・メールでのご相談は
↓をクリック
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

国際離婚法律相談.com
法律事務所情報
?弁護士紹介
?事務所案内
?お問合わせ
?プライバシーポリシー

?画面上へ▲
3キャリア対応
3キャリア

Copyright (C) 2010 国際離婚法律相談.com All rights reserved.