離婚相談サイト 事故の受傷により事業に損害が生じた場合の損害請求について|交通事故の弁護士は大阪の小原法律特許事務所/慰謝料・示談金・損害賠償請求に対応
過去のご相談事例について
Question.No12

私は会社を経営していますが、小さい会社なので私が仕事を休んだために営業が十分におこなえず、売上が減少しました。
このような場合,売上の減少分についても損害として請求することは可能ですか。

Answer.

このような損害を営業損害といい、交通事故の受傷により、被害者本人だけではなく会社や事業に損害が発生することがあり、事故との相当因果関係がある場合は請求が認められています。
@被害者の代替人を雇わなければならなくなった場合
A被害者(配偶者)の看病、葬儀などで、休業した場合
B事業を継続するうえで休業中も支出を余儀なくされる、家賃、従業員給料などの固定経費
C事業者が休業した場合に、営業再開のための新聞折込広告代金や長期休業による客離れ等の損害
上記@からCも相当性がある限り休業損害として請求することが可能です。

前の事例へ|次の事例へ
?画面上へ▲

メールとお電話でのご相談は無料です
お電話とメールは
365日24時間受付

お電話・メールでのご相談は
↓をクリック↓
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

?TOPへ戻る
?画面上へ▲