離婚相談サイト 事故の受傷により労働能力低下にろる減給の損害賠償請求について|交通事故の弁護士は大阪の小原法律特許事務所/慰謝料・示談金・損害賠償請求に対応
過去のご相談事例について
Question.No13

交通事故受傷により後遺障害が発生しました。
今までできていた仕事ができなくなったので、職場が移動になり給料が下がりました。
このような場合でも損害賠償を請求することはできますか。

Answer.

後遺障害により労働能力が低下したと認められれば、働けなくなったことによる減収分を逸失利益として認められます。
基礎収入と後遺障害の等級に応じた労働能力喪失率と労働能力喪失期間によって算定されます。
また、後遺障害の慰謝料を請求することも可能です。
事故により後遺障害が発生した場合、傷害の慰謝料とは別に後遺障害の慰謝料を請求することができます。
後遺障害の慰謝料は、損害保険料率算出機構が労働能力喪失表に基づいて認定した後遺障害等級を基準に算出されますので、後遺障害等級認定が非常に重要な意味を持ちます。

前の事例へ|次の事例へ
?画面上へ▲

メールとお電話でのご相談は無料です
お電話とメールは
365日24時間受付

お電話・メールでのご相談は
↓をクリック↓
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

?TOPへ戻る
?画面上へ▲