離婚相談サイト 事故後、加害者・被害者の認識違いの証明方法?|交通事故の弁護士は大阪の小原法律特許事務所/慰謝料・示談金・損害賠償請求に対応
過去のご相談事例について
Question.NO26

交通事故にあいましたが,加害者被害者で事故状況の認識が違います。何か証明するものはありますか。

Answer.

事故後,事故当事者の立会いのもと警察が事故現場及び事故の状況について聴取及び現場検証を行い,
その証言等をもとに事故の現場図面を作成します。
それを実況見分調書といい,事故状況を知るうえで重要な証拠となります。


前の事例へ | 次の事例へ


?画面上へ▲

メールとお電話でのご相談は無料です
お電話とメールは
365日24時間受付

お電話・メールでのご相談は
↓をクリック↓
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

?TOPへ戻る
?画面上へ▲