離婚相談サイト 遺言、相続、相続税、贈与などに関する相談窓口

遺言、相続、相続税、贈与などに関する相談窓口

相続に必要な手続きなど不安な方ご相談下さい。
相続法律相談.com

メールとお電話のご相談は
365日24時間受付
ご相談は無料
お電話・メールでのご相談は
↓をクリック
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください


人が亡くなると相続が開始します。
相続人は身内ですから、話し合いで解決できればベストです。
しかし、相続財産(遺産)に対する各法定相続人の思いは異なりますのでトラブルとなることがあります。
このように身内同士でもめた場合には、他人間よりも感情的な対立となり深刻な紛争となります。
かかる場合をさけるため、遺言が作成されることもありますが、法定相続分を無視した遺産の分配となるため、取り分が少なくなった相続人から遺留分減殺請求がされたりして、遺言の内容によってはかえってもめることがあります。
また、財産よりも借金のほうが多い場合には相続の放棄などが必要となりますが、一定の期間内することが求められています。
さらに、相続人の一人が外国で子供残して既に亡くなっている場合は関係はより複雑になります。
このような場合には法律専門家に依頼されるのが安心です。

このようなお悩みありませんか?
・父に続き母もなくなりましたが、遺産の分配名義の変更をどのようにしたら良いかわからない。

・父の死後父の債権者から借金返済の督促状が届いたがどうして良いかわからない。

・父の死後、彼が良く通っていた店の女性に父が認知した子いることがわかり困っている。

・父のいさんは5,000万円程度で、相続人としては母と子供3人がいるのですが、相続税を払わねばならないのでしょうか。

・私には身障者の子がいますので、この子の将来のため遺言で遺産を他の子よりも多く遺贈したいのですが、遺言はどのような方式ですればよいのでしょうか。

・私には愛人がいて、年老いた私を妻や子供たちより大事にしてくれるので、遺産の全部を彼女に遺贈する遺言をしょうと思っているのですが、このような遺言は有効でしょうか。

・私には身寄りが誰もいないのですが、私の死後遺産はどのようになるのでしょうか。

・最近祖母が亡くなったのですが、叔母の一人がアメリカ人と結婚しアメリカで子供を残して祖母より先に亡くなっていてその子供の所在が不明なのですがどうしたらよいでしょうか。

相続法律相談.comにお任せ!

相続相談事例集

▼事例1
相続と遺産分割手続について
ご相談内容:人が死亡するとその後の相続や遺産分割の手続きはどのように進むのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例2
法定相続人について
ご相談内容:ご相談内容:法律では遺産を相続する者としてはどのように定められているのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例3
法定相続分について
ご相談内容:ご相談内容:法律では各相続人の相続分については、どのように定められているのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例4
遺産分割協議について
ご相談内容:遺言のない場合は全相続人の協議により遺産を分割するとのことですが、具体的にはどのようにするのですか?
?回答はコチラ>>>

▼事例5
遺産分割調停・審判について
ご相談内容:ご相談内容:相続人間の協議で分割できない場合の調停とか審判はどのようにして進められるのですか?
?回答はコチラ>>>

▼事例6
特別受益について
ご相談内容:ご相談内容:相続人の中に生前に特別な贈与を受けた者がいる場合にはほかの相続人との関係はどのようになるのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例7
寄与分について
ご相談内容:生前、被相続人の療養看護に努めたり、その財産の維持又は増加に貢献してきた人の相続分はどうなりますか?
?回答はコチラ>>>

▼事例8
遺言書について
ご相談内容:ご相談内容:人は生きている間に、遺言書を作成しておくことができるそうですが、遺言書にはどのような種類があり、またその方式・効力はどのように異なるのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例9
遺言書について2
ご相談内容:ご相談内容:遺言書はどのようにして執行されるのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例10
遺留分とその減殺請求について
ご相談内容:ご相談内容:遺言者は晩年にできた愛人に「全財産」を遺贈するようなこともできるのでしょうか。又は、法定相続人がこのような遺言を無効にする方法はあるのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例11
相続の承認と放棄について
ご相談内容:ご相談内容:父は多額の債務を残して死亡しましたが、もし債務が財産より多い場合には、相続人が返済せねばならないのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例12
特別縁故者に対する相続財産分与の申立について
ご相談内容:ご相談内容:ある女流作家(独身)のお手伝いさんが30年間同居のうえ家事をし、作家の晩年は療養看護に努めていて、作家も遺言で遺産を遺贈しようとして準備していましたが、作成前に急死してしまいました。作家には法定相続人はいないため、遺産は国庫に帰属することになっています。このような場合に、このお手伝いさんのために法律上何かしてあげられないでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例13
相続税の申告と納税について
ご相談内容:ご相談内容:相続税は、相続財産が一定の範囲内の場合は課税されないと聞きましたがその範囲はどの程度なのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例14
国際相続 − 外国人と遺産分割について
ご相談内容:ご相談内容:日本に長年在住しているアメリカ人が日本に自宅の家と土地のほか預貯金を残して死亡した場合、遺産分割を含む相続事件について日本の家庭裁判所に調停の申立ができるでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例15
国際相続 − 外国人と遺言について
ご相談内容:ご相談内容:日本に長く在住している外国人が、遺言をするにはどのような方式ですればよいのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例16
国際相続 − 外国人の相続人が不明の場合
ご相談内容:ご相談内容:日本に在住する外国人の死後、相続人が不明の場合、相続関係はどこの国の法によりどのような手続きで処理されるのですか?
?回答はコチラ>>>

▼事例17
国際相続 − 外国に財産を有する日本人が死亡
ご相談内容:ご相談内容:長年アメリカに在住し、財産を所有していた日本人が死亡した場合、日本に在住する相続人が、アメリカにある不動産の名義を移転したり、アメリカの銀行にある預金の払い戻しを受けたりするにはどうしたらよいのでしょうか?
?回答はコチラ>>>

▼事例18
相続と遺産分割手続
ご相談内容:ご相談内容:人が死亡するとその後の相続や遺産分割の手続きはどのように進むのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例19
相続の過程
ご相談内容:ご相談内容:相続の基本的な過程について教えてください。
?回答はコチラ>>>

▼事例20
法定相続人
ご相談内容:ご相談内容:法律では遺産を相続する者としてはどのように定められているのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例21
代襲相続
ご相談内容:ご相談内容:代襲相続とは何ですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例22
法定相続分
ご相談内容:ご相談内容:法律では各相続人の相続分については、どのように定められているのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例23
非嫡出子や異母兄弟の法定相続分
ご相談内容:ご相談内容: 婚姻外で生まれた子や異母兄弟の法定相続分はどのように定められていますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例24
相続欠格・排除
ご相談内容:ご相談内容: 相続欠格や排除とはどのような制度でしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例25
内縁の妻
ご相談内容:ご相談内容: 内縁の妻も相続することはできますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例26
胎児の相続について
ご相談内容:ご相談内容: 胎児の相続分を含めて遺産分割協議をすることはできますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例27
相続の承認と放棄
ご相談内容:ご相談内容: 債務が財産より多い場合には、相続人が返済せねばならないのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例28
相続の承認
ご相談内容:ご相談内容: 相続財産を承継する場合にはどうすればよいのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例29
相続の過程
ご相談内容:ご相談内容: 財産の承継を否認することはできますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例30
遺産共有
ご相談内容:ご相談内容: 遺産分割の前に勝手に財産を処分することはできますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例31
預金債権の相続
ご相談内容:ご相談内容: 遺産分割の前に預金を引き出すことができますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例32
遺産分割協議
ご相談内容:ご相談内容: 遺言のない場合は全相続人の協議により遺産を分割するとのことですが、具体的にはどのようにするのですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例33
遺産分割調停・審判
ご相談内容:ご相談内容: 相続人間の協議で分割できない場合の調停とか審判はどのようにして進められるのですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例34
特別受益
ご相談内容:ご相談内容: 相続人の中に生前に特別な贈与を受けた者がいる場合にはほかの相続人との関係はどのようになるのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例35
特別受益の対象
ご相談内容:ご相談内容: 特別受益とされる財産は何ですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例36
寄与分
ご相談内容:ご相談内容: 生前、被相続人の療養看護に努めたり、その財産の維持又は増加に貢献してきた人の相続分はどうなりますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例37
生命保険金
ご相談内容:ご相談内容: 生命保険金は相続の対象となりますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例38
死亡退職金・遺族給付
ご相談内容:ご相談内容: 死亡退職金や遺族給付は相続財産に含まれますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例39
香典・葬儀費用
ご相談内容:ご相談内容: 香典は相続財産となるのでしょうか。また、葬儀費用は相続財産から支払われるのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例40
祭祀に関する権利の承継
ご相談内容:ご相談内容: 墓地や仏具は相続人が承継しなければならないのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例41
遺言書
ご相談内容:ご相談内容: 香典は相続財産となるのでしょうか。また、葬儀費用は相続財産から支払われるのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例42
遺言能力
ご相談内容:ご相談内容: 遺言は誰でも作成できるのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例43
共同遺言
ご相談内容:ご相談内容: 夫婦が共同で遺言を作成することはできますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例44
遺言の検認手続
ご相談内容:ご相談内容: 封がされている遺言書を発見しましたが、勝手に開封することはできますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例45
遺言書はどのようにして執行されるのでしょうか。
ご相談内容:ご相談内容: 遺言書はどのようにして執行されるのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例46
遺言の撤回
ご相談内容:ご相談内容: 一度作成した遺言とは異なる遺言をすることはできますか。
?回答はコチラ>>>

▼事例47
相続させる遺言
ご相談内容:ご相談内容: 相続人の一人に「相続させる」旨の遺言はできますか。「相続させる」遺言とは何ですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例48
遺留分とその減殺請求
ご相談内容:ご相談内容: 遺言者は晩年にできた愛人に「全財産」を遺贈するようなこともできるのでしょうか。又は、法定相続人がこのような遺言を無効にする方法はあるのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

▼事例49
遺留分減殺請求の行使方法
ご相談内容:ご相談内容: 遺留分を侵害する遺言は直ちに無効になるのですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例50
遺留分減殺請求の効果
ご相談内容:ご相談内容: 遺留分減殺請求権を行使すると、遺贈された家が戻ってくるのですか。
?回答はコチラ>>>

▼事例51
相続人の不存在
ご相談内容:ご相談内容: 相続人がいない場合には、相続財産は誰に帰属するのでしょうか。
?回答はコチラ>>>

メールとお電話のご相談は
365日24時間受付
ご相談は無料
お電話・メールでのご相談は
↓をクリック
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

相続法律相談.com
法律事務所情報
?弁護士紹介
?事務所案内
?お問合わせ
?プライバシーポリシー

?画面上へ

3キャリア対応
3キャリア

Copyright (C) 2010 相続法律相談.com All rights reserved.