離婚相談サイト 相続させる遺言:相続相談事例集 NO.47|遺言、相続、相続税、贈与などに関する相談窓口

相続の過程

相続相談事例集 NO.47

相続させる遺言

相続人の一人に「相続させる」旨の遺言はできますか。「相続させる」遺言とは何ですか。

Answer.

このようないわゆる「相続させる遺言」については、その法的性質が遺産分割方法の指定か遺贈かが問題となっていましたが、判例によれば、特段の事情がない限り、遺産分割方法の指定と解すべきとされています(最判平成3年4月19日)。
この場合、遺言によって指定された相続人は遺産分割の手続きを経ることなく被相続人の死亡時に当該遺産を承継することができます。

前の事例へ | 次の事例へ

メールとお電話のご相談は
365日24時間受付
ご相談は無料
お電話・メールでのご相談は
↓をクリック
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

?TOPへ戻る

?画面上へ