離婚相談サイト 遺留分減殺請求の効果:相続相談事例集 NO.50|遺言、相続、相続税、贈与などに関する相談窓口

相続の過程

相続相談事例集 NO.50

遺留分減殺請求の効果

遺留分減殺請求権を行使すると、遺贈された家が戻ってくるのですか。

Answer.

遺留分減殺請求権を行使した場合、その効果については見解に争いがありますが、判例は、贈与又は遺贈は遺留分を侵害する限度で失効し、受贈者又は受遺者が取得した権利はその失効した限度で当然に遺留分権者に帰属するとしています。
遺贈等の対象に不動産が含まれている場合には、相手方は遺留分権者に対しては遺贈等の目的物を返還する義務を負います(現物返還の原則)が、相手方は金銭を支払うことで目的物の返還を免れることもできます。 したがって、必ず目的物が返還されるとは限りません

前の事例へ | 次の事例へ

メールとお電話のご相談は
365日24時間受付
ご相談は無料
お電話・メールでのご相談は
↓をクリック
0120-178-054
メールでのご相談
[関西を中心に対応]
お一人で悩まずまずはご相談ください

離婚 弁護士 大阪はこちら
相続 弁護士 大阪はこちら
国際離婚のご対応はこちら
交通事故 弁護士 大阪はこちら

?TOPへ戻る

?画面上へ